正社員として入社を決意。「この会社なら、必要なスキルや能力を確実に身につけられる

article image 1

派遣社員からセレブリックスの正社員として入社した経緯を教えてください。

佐藤 「前職は正社員として携帯電話販売の法人営業をしていたのですが、家庭の事情で退職。家庭で過ごす時間を優先できるように、と選んだのが派遣社員の道です。営業職を希望したところ、当時紹介されたのがセレブリックスでした。

セレブリックスは派遣社員だからといって正社員との業務に大きな違いがあるわけではなく、僕もチームの一員として目標を追いました。当時のセレブリックスに対する印象は『顧客貢献意識がすごい』ということ。各メンバーの視座が高く、行動一つひとつにストイックな姿勢が表れていました。

セレブリックスに派遣されてから一年後、チームでお世話になっていた上司から『正社員にならないか』と声をかけてもらったのです」

最終的に正社員として入社しようと決めた理由は何だったのでしょうか?

佐藤 「誘ってもらったときに、自分の人生を見つめ直したんですね。明確な目標は見つかっていないながらも、ビジネススキルを身につけて、夢を叶える準備をしておこうと。派遣社員では、学ぶ機会にどうしても制約があります。研修や先輩方に教育してもらえる機会が少なく、これは成長の機会損失だと感じていました。

上司やともに働くメンバーの姿勢を見て、セレブリックスなら必要なスキルや能力を身につけられると感じました。正社員になればより多くのプロジェクトも経験できますし、営業職の魅力を積極的に感じ取りに行きたい。こうした想いから入社を決意しました」

「クライアントの希望を叶えるために」急拡大するプロジェクトで責任者に立候補

article image 2

正社員として入社後、派遣社員時代との違いは感じましたか?

佐藤 「学びのチャンスが格段に増えましたね。当時はカフェテリア研修という制度があり、プレゼン方法や企画書のつくり方など、さまざまなスキルを学んでいました。入社当初は月に2〜3回ほど受講して、知識を身につけていきました。

そしてもうひとつ、会社から高い期待を感じるようになりました。派遣社員時代は目の前の目標をクリアすることがミッションでしたが、正社員は目先の目標だけでなく、自社やクライアントの将来を見越してプロジェクトに取り組まなければならない。そのためにスキルを身につける必要があることも感じました。

日々の業務では、上司からアドバイスをもらう機会が増えましたし、より良いパフォーマンスを発揮するために、自分で努力するようにもなりました」

入社1年目にプロジェクトの責任者へ抜擢されます。どういった背景があったのでしょうか?

佐藤 「在籍していた大手ECモールのプロジェクトで、クライアントからメンバーを大幅に増員したいという話が持ち上がったのです。当時3名が稼働していたプロジェクトを、2年後には40名規模に拡大するというもの。ここまでの大規模なプロジェクトを手掛けるというのは、当時のセレブリックスでは初めてのことでした。

これだけ早急にメンバーを増やすとなれば、組織運営の方法を変えなければならない。誰かがマネジメントをしなければ、ガバナンスが効かなくなると危機感を持ちました。そうした状況の中で、僕はプロジェクトの初期メンバーであり、派遣社員時代も含めてキャリアも長かった。安定した実績を出していましたし、自分が手を挙げなければならない気がしたのです。

正直不安もありましたが、クライアントがセレブリックスを頼ってくれている。なんとしても期待に応えたかったんです。実際は自ら進んで責任者になった、というよりも『クライアントのためにやらざるを得なかった』という言い方が正しいのかもしれません」

「『なぜ』が人の心を動かす」マネジメントの苦労から学んだ心得

article image 3

急拡大したプロジェクトでは、どのような苦労がありましたか?

佐藤 「組織としては僕が総責任者となり、下に5人のユニットリーダー、さらにその下にメンバーがいるという体制でした。40名ともなると会社を運営するようなものです。ビジネス本を読み漁って勉強しましたが、とにかくトライ&エラーの繰り返しでしたね。

苦労話はたくさんありますが、特に苦労したのはメンバーとのコミュニケーションです。何かをお願いするにしても、40名全員に納得して動いてもらうというのは本当に難しくて……。少人数であれば日頃から会話できますし、指示の背景や意図を自然に感じ取ってもらいやすいですが、40名ともなると毎日全員と話せません。

そうなると『いつまでに何をしてほしい』と端的に全体に対して伝えるだけでは、意図するようになかなか理解してもらえない。結果、『どうしてやらないといけないのか』と疑念を抱くメンバーも出てくるようになりました」

マネジメントの課題はどのようにクリアしたのでしょうか?

佐藤 「上司への相談に加えて、当時、営業代行部門の責任者だった北川さん(現代表取締役社長)にもアドバイスをもらいました。北川さんは大きな組織をマネジメントしている立場なので、コミュニケーションの取り方をよく相談していましたね。

北川さんが大事にしているのは『“なぜ”が人の心を動かす』ということ。メンバーに何かをお願いするときには具体的な手順と、どうしてその対応が必要なのかを必ず伝える(Why思考)。メンバーが納得して腹落ちすれば組織は動き出すのだと。当初は僕の伝え方に問題があったのだと反省しました。

僕自身の伝え方を変えると同時に、ユニットリーダーたちにも『メンバーには必ずWhyを伝えるように』と話すようになりました。それからはプロジェクトに一体感が生まれ、組織としてうまく動き出しましたね。

メンバーに日々伝えているのは『客観的に結果を見つめ、冷静に受け入れることからスタートしよう』ということです。成果が出ないとき、まず人に成功のナレッジを聞いて学びに行く人がいるのですが、最初にやるべきことは自分の今の状況をを把握するところからです。

契約数や行動量などの数字を分解してみると、原因が見えてくるものです。それでもわからなければ『上司を巻き込んで相談してね』と。原因がわかれば必ず解決できますから、どんな結果もポジティブに受け止めてほしいですね」

主体性をもってチャレンジできる人にとって、豊かなビジネス人生を送れる最適な会社

article image 4

転職を考えている方、セレブリックスに興味を持つ方へメッセージをお願いします。

佐藤 「たとえ営業未経験でも『クライアントのために』という観点が持てる方であれば、成長が望める会社です。そのために研修制度もありますし、プレゼン力や資料作りのポイントなど、営業以外の業務でも生かせるスキルが身につく環境です。

マネジメントに関しても、私が責任者へ抜擢された当時よりも、教育体制が確立されています。相談できる専門部署や研修もありますから、安心して挑戦してください。主体性やチャレンジ精神を歓迎する社風ですから、業務改善のアイデアやチャレンジしたい企画などを提案してくれたら上司はめちゃくちゃ喜びます。セレブリックスで、豊かなビジネス人生を送ってもらいたいですね」

(取材後記)

自らの成長のためではなく、クライアントの希望を叶えたくてプロジェクトの責任者を引き受けたという佐藤さん。クライアントのため、メンバーのためを想う姿勢は、セレブリックスのパーパス「Be The Hope」(営業の希望となる)そのもの。まさに理想のリーダーの姿ではないでしょうか。派遣社員からの転身という異例の経歴も、キャリアの可能性と希望を感じさせてくれるエピソードでした。

<この記事を書いた人>
杉野 遥

求人広告業界、Webメディア業界の営業職を経て2016年にフリーランスとして独立。HR、テクノロジー等、ビジネス系を中心としたインタビュー取材・執筆、ブックライティングのほか、企業の広報支援も手掛ける。

linkedin.com/in/matousugino