どんな状況に立たされても人生を切り開ける、市場価値の高い人材になりたい

セレブリックスに入社した経緯についてお聞かせください。

福田「『市場価値の高い人材になる』それが前職の地方銀行時代に描いた目標でした。万が一、職を失ったとしても、どんな状況に立たされても、自分の手で人生を切り開ける力をつけようと考えていたんです。

前職では主に法人融資や住宅ローンの営業を担当し、個人から企業まで幅広い顧客をサポートしました。資金調達は企業にとっても重要度の高い仕事ですが、顧客と接するうちに『手ざわりを感じる仕事がしたい』と考えるようになったんです。

『手ざわり』というのは、もっと根本的な課題解決に関わりたい、ということです。例えば、企業を成長させる上でお金はもちろん重要ですが、それ以上に、企業の業績を上げるための仕組みづくりに携わることや企業が直面する重要課題の解決のために自分が介在したいと考えるようになりました。

同時に、会社の人事によってキャリアが決まる将来ではなく、自らキャリアを築いていきたいと考え始めていました。言い換えれば『焦りを感じていた』とも言えますね。僕は大学院卒なので、大卒で一足早く就職した人に負けないように、早く成長したいという気持ちが人一倍強いのかもしれません。悶々としているときに学生時代の友人がアクティブに働いている話を聞くと、このままでは置いていかれてしまう、といった気分になることもありました。そこで、入社3年目に思い切って転職したのです」

世界マーケットを視野に戦うSaaS系企業への転職が、成長を加速させた

1度目の転職はSaaS系企業だったんですね。新しい職場でどんな発見がありましたか?

福田 「転職先はデータマーケティング領域のSaaS系サービスを扱っている会社でした。業務のDX化が注目されていますが、特にデータマーケティング領域のDX化はどこの企業にも必ずニーズのあるジャンルです。『スマートデータ社会を実現する』という壮大なミッションのもとで働く環境は、とても刺激的なものでした。人生が変わった!といっても言い過ぎではありません。

僕はカスタマーサクセスと新サービスの運用に向けたオペレーションの定型化・標準化の業務を経験しました。SaaS系のサービスは顧客に価値を提供し続け、顧客満足を醸成することが大切です。成長企業だったので組織の意思決定のスピードや同僚のレベルの高さにも刺激を受け、日々成長する実感がありましたね。

カスタマーサクセスには、顧客の立場を理解した対応が求められます。起きている事象に対して解像度を高めて解決する力や、生産性を高めて確実に成果を出すための仕組み化のスキルなどが身につきました。

実りの多い環境で、仕事が楽しいと感じた職場。この経験を生かして、より市場価値を高めたいと、次のステージを視野に入れるようになりました。そんなときに見つけたのが、大企業からベンチャー企業まで業種・商材を問わず支援を行う営業代行事業、セレブリックスとの出会いでした」

企業の成長にダイレクトに貢献できる。将来性の高い「営業代行」

営業代行事業にどのような魅力を感じていますか?

福田 「前職は自社サービスで実現できることに重きを置いて、施策をたくさん提案していくような営業スタイルでした。一方で営業代行は、一般的なコンサルティングとは違い、顧客の営業部門の一員として、現場から発掘した重要課題を戦略的に解決していくといった、まさに僕が求めていたポジションです。

顧客を表面的に理解するのではなく、実際に現場で働き、顧客の潜在的な課題まで掘り起こし、解決して成果に結びつける。顧客以上に顧客のことを考えなければなりません。若くして経営層の方々と本気で向き合える、こうした顧客との密な関係性は、営業代行の醍醐味でもあります。営業代行はどんな業界にも必要とされる、将来性の高いビジネスだと感じています。顧客によって商材も適した営業手法も違いますから、『なんでも売れる営業パーソン』を目指せるのではないでしょうか」

Will(意思)があれば体現できる。ポジティブに仕事を楽しめる環境

地銀、SaaS系企業を経験したうえで感じるセレブリックスの社内風土について教えてください。

福田 「失敗を恐れずに挑戦できる環境ですね。アイデアを上司に提案すると、頭ごなしに否定されるということはまずありません。ポジティブなフィードバックがもらえるのはセレブリックスの良さだと感じます。そのアイデアで成果を上げるためにどうしたらよいのかを一緒に考えてくれて『よし、やってみよう』と任せてくれる。若い年代の社員も分け隔てなく裁量が与えられています。Willを持って主体的に動く人であれば、どんどん成長できる風土です。日頃から意見交換が盛んですし、わからないことはすぐに解決できる環境も整っています。

営業スタイルはがむしゃらではなく、結果を出すためのプロセスを徹底的に追求する『戦略的営業』であるのも魅力ですね。先日、弟がリファラル採用でセレブリックスに入社しました。紹介したのは弟が営業疲れを感じていたからです。彼が他社で優れた営業実績を残していたことも知っていたので、経験とセレブリックスのデータドリブンな営業スキルが掛け合わされれば、もっと仕事がおもしろくなるんじゃないかって。せっかくなら楽しく仕事してほしいですからね」

今後のキャリアプランを教えてください。

福田 「2年後にはマネジメントのポジションに就くことが目標です。『そんなに簡単じゃないぞ』という気もしますが、夢は大きく(笑)。入社した一年前よりもスキルが身についた実感がありますし、自分の市場価値も高まっていると思います。多くの業界や商材の営業経験を積み重ねて、圧倒的に市場価値を高めていきたいですね」

<取材後記>

自分の市場価値をとことん追求し、キャリアを積み重ねてきた福田さん。プライベートでは、ノープランで気ままに都心を散歩するのが好きで、会社からの帰り道は新しいルートを探すのが楽しみなのだとか。好奇心とチャレンジ精神あふれる人柄を感じるエピソードでした。ご兄弟ともどもご活躍を期待しています!

<この記事を書いた人>

杉野 遥

求人広告業界、Webメディア業界の営業職を経て2016年にフリーランスとして独立。HR、テクノロジー等、ビジネス系を中心としたインタビュー取材・執筆、ブックライティングのほか、企業の広報支援も手掛ける。

linkedin.com/in/matousugino